パッシブ換気システム

寒冷地における冬期間の内外温度差による浮力を利用する換気方式で、断熱気密機能を高く保った建物の床下空間へ集中的な自然給気を行います。

住宅全体の負荷に応じた暖房器を床下に設置してその冷外気を予熱し、暖めた空気を自然循環させることで全室の暖房と換気を同時に行う、北海道が生んだ世界に誇れる画期的な暖房換気システムのことです。

スイッチやフィルター、ダクトがないため、メンテナンスが基本的に不要。家が存在する限り24時間、自然に換気し続けます。

特徴

  • 冷気を感じることなく不断に新鮮空気を取り込み、家中良好な空気質を保ちます。
  • 建物全体に暖気循環が起こるため、温度差がほとんどありません。
  • 結露やカビとは無縁の居住空間が得られます。
  • 各部屋に暖房機を設置しなくても良いため、室内が広く使え有効利用が図れます。
  • 機械を使用しないので、騒音が少ないです。
  • 床下は常に乾燥しており、耐久性が向上。

パッシブ換気の条件と特徴

高断熱・高気密の完璧な構造が条件
住宅の断熱・気密性能を徹底的に図ることで、温度むらの少ない 暖房環境が実現します。気密化を徹底することで、換気の入口と出口が明確になり、換気経路や換気量をコントロールできるようになります。
内外温度差が動力
暖かな空気は軽くなり上昇します。住宅内外の温度差によって生じる換気動力(煙突効果)を利用し、床下を加温のための空気のたまり場(チャンバー)とすることで、計画的な自然換気が可能となります。
バランスの良い換気
  • 機械換気
  • パッシブ換気
機械換気システムでは、空気の通り道ができて空気のよどみができやすくなります。
パッシブ換気システムは、空気の流れが従来の横の流れから縦の流れに変化します。床下がチャンバーとして働くので、空気のよどみができにくい換気システムになります。

パッシブ換気システムのメリット

乾燥した外気を導入することで床組の乾燥を保つことができ、住宅の耐久性が向上します。
床下への給気を集中することで冷たい外気を予熱することが可能になります。

給排気集中化のメリット
冷たい外気を集中的に予熱処理することで、室内の温熱環境が確保できます。
床下給気のメリット
間仕切りや天井ふところを利用した空気循環をすることで、抜群の換気バランスが得られ、また、構造材が乾燥するため、建物の耐久性が向上します。
エネルギー上のメリット
自然の力を動力にするため、ランニングコストがかかりません。
運用上のメリット
住居者が換気の運転をしなくても、留守のときも停電の時でも常に換気が行われます。

Q値、Ua値って?

Q値(熱損失係数)とは、建物から逃げていく熱量を表す値です。この数値が小さいほど断熱性能の良い住宅といえます。
Ua値とは、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標で、外皮面積当たりの各部位から逃げる熱量を表わします。
Q値と同様に、この数値が小さいほど断熱性能が良い住宅となります。

  • 構造上の必要条件
    床下吸気であること
    室内に空気の上昇・下降のための間仕切り壁と床ガラリがあること
  • 必要な住宅性能
    隙間相当面積(C値)1.0以下
    札幌版次世代基準ベーシックレベル以上

札幌版次世代住宅基準

札幌版次世代住宅基準は、外皮平均熱貫流率(UA値)と一次エネルギー消費量(全体、暖房+換気)、相当隙間面積(C値)という4つの指標により、新築住宅は5段階、改修住宅は3段階の等級を設定しています。

新築住宅の基準

札幌版次世代住宅の等級 外皮平均熱貫流率(UA値)
[W/(m²・K)]
一次エネルギー消費量
(全体)
一次エネルギー消費量
(暖房+換気)
相当隙間面積(C値)
[cm²/m²]
トップランナー 0.18以下 等級5 35%以下 0.5以下
ハイレベル 0.22以下 等級5 45%以下 0.5以下
スタンダードレベル 0.28以下 等級5 60%以下 1.0以下
ベーシックレベル 0.36以下 等級5 75%以下 1.0以下
ミニマムレベル 0.46以下 等級4 90%以下 1.0以下

改修住宅の基準

札幌版次世代住宅の等級 外皮平均熱貫流率(UA値)
[W/(m²・K)]
一次エネルギー消費量
(全体)
一次エネルギー消費量
(暖房+換気)
相当隙間面積(C値)
[cm²/m²]
ハイレベル 0.22以下 等級5 45%以下 2.0以下
スタンダードレベル 0.28以下 等級5 60%以下 2.0以下
ベーシックレベル 0.36以下 等級5 75%以下 5.0以下

※「Neo House CHEER HOME flex」はきた住まいる基準となっておりますが、長期優良住宅、札幌版次世代住宅基準への対応も可能です。お気軽にご相談ください。

パッシブ換気の家、宿泊体験が可能!

大平洋建業では、この「空気のおいしいパッシブ換気の家」を体感していただくために、白老町のモデルハウス宿泊体験を実施しています。

温泉にゆっくりつかって、パッシブ換気システムをぜひご体験ください。

「パッシブ換気システム」は、パッシブシステム研究会と北海道大学・道立北方建築総合研究所にて共同開発されました。
「パッシブ換気システム」は、北海道の地域特性を考えて開発した点を評価され、札幌商工会議所の「北のブランド」に認定されています。