SDGsの取組

  • goal01
  • goal02
  • goal03
  • goal04
  • goal05
  • goal06
  • goal07
  • goal08
  • goal09
  • goal10
  • goal11
  • goal12
  • goal13
  • goal14
  • goal15
  • goal16
  • goal17
  • goal_sdgs

2030年に向け「持続可能な社会」の実現を目指し、
健康、安全で快適に過ごせる高性能な住宅を普及推進させるため、
これからも技術の向上に努めます。

大平洋建業株式会社

大平洋建業(株)のSDGs(エスディージーズ)の取組

大平洋建業(株)のSDGs(エスディージーズ)の取組私たち大平洋建業(株)は健康、安全で快適に過ごせる、高性能な住宅の普及推進します。
住宅の高性能化はそこに住む人の身体的な健康や心のゆとりをもたらすことはもちろん、
エネルギー使用量及びCO2排出量の削減、石油、木材、水資源などの地球資源の使用量削減など多岐にわたり社会に寄与するものであると考えます。
当社において認証取得済みのISO14001:2015との連携させ、継続的に達成度を監視し目標に向かい改善し続けることを宣誓します。

    • goal_sdgs
    • goal03
    • goal11

    高断熱高気密、パッシブ換気、バリアフリー住宅の普及を推進する。

    ・高気密高断熱住宅の供給により上下温度差の少ない、外気に影響されずらい住宅は住み手の心身の健康維持に貢献する。
    ・高温熱環境住宅の供給により健康寿命の長期化に貢献する。
    ・高齢者や障害者にやさしいバリアフリー住宅の供給により、本人はもちろん家族や介護者にも優しい家づくりに貢献。
    ・パッシブ換気システムの採用により、室内空気環境の清浄化をさせ心身の健康に貢献する。

    • goal07
    • goal13

    住宅のエネルギー消費量の削減率向上を推進する。

    ・供給住宅の外皮性能の向上を目指し、生活部門全体のエネルギー消費の削減に貢献する。
    ・一次エネルギー使用量の削減を誘導し、排出CO2の削減に貢献する。
    ・創エネ機器の積極採用の誘導を行い、エネルギー使用量の削減に貢献する。
    ・CO2削減に伴い地球温暖化防止に貢献する。

    • goal12
    • goal15

    住宅の長寿命化の推進、ライフサイクルコストの圧縮

    ・住宅の工法継続的な改良、改善により長寿命化をさせ、既存住宅の有効利用を促進させることにより、
     建替えサイクルを延長させ建築用木材や石油製品の長期使用量を削減させることに貢献する。
    ・住み手に住宅維持のための説明を丁寧に行い、建物寿命の長寿化に貢献する。
    ・建替えサイクルを延長させることにより、木材、石油などの地球天然資源保護に貢献する。
    ・木材使用量削減により森林伐採の抑止に効果がありひいては水資源保護にも寄与する。

    • goal17

    すべてのステークホルダーとのコミュニケーション充実させる

    ・顧客、社員、協力業者、地域社会などの関係者とコミュニケーションを充実させ、目標の達成に貢献する。
    ・地域社会への参加により社会に必要とされる、組織となりン目標達成に貢献する。
    ・目標を達成する過程で、社員にとってやりがいのある、魅力ある無くてはならない会社組織となる。

※SDGs(エスディージーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月ニューヨーク国連本部にて国連加盟国によってしあたくされた「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受することを目標とし、17の目標とし169のターゲットで構成されています。地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
大平洋建業(株)は、国連の定めた「持続可能な開発目標」に賛同しSDGsの17の目標の中から当社の事業特性により関連する持続可能な目標を抽出し、その目標に沿った事業展開をしていきます。